NPO法人シャロームはひととひとを繋ぐボランティア・やさしさに会えるまちづくり

shalomロゴ.bmp
NPO法人シャローム事務局最新トピックです。

DSC_9457.jpgNPO法人シャローム災害支援センターでは、昨年に引き続き、フランスへの保養ツアーを実施します。
震災と原発事故を経験した子どもたちは、エネルギー問題や災害への教訓を伝えることのできるメッセンジャーです。電力の70%以上を原子力でまかなうフランスを訪ね、自分たちの思いや経験を伝え、世界の子どもたちを守るための話し合いを行う予定です。フランス現地の方々とのディスカッションを通じて2015年3月に仙台で開催される「防災世界会議※」へと意識をつなぐ活動も行います。この重要な取り組みへのご支援を募っています。ご協力下さいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

2014.05.19.pm_-300x177.jpg高性能な放射線測定器Hot Spot Finder ホットスポットファインダーを導入しました。小さな子どもへの影響を考えた10cm、50cm、100cmの3点を同時に測定します。

歩きながら空間線量を記録し、地図や衛星写真に表示します。スタッフが同行して測定。測定データやプリントを提供しますので、子どもたちの無用な被ばくを避けるためにお役立て下さい。
お申し込みはこちら hotspotfinder_fukushima@yahoo.co.jp
お問い合わせは 070-5018-0448 吉野まで

HSF-shalom-1.jpgNPO法人シャローム災害支援センターでは、子どもたちの身近な生活範囲での放射線測定を始めます。
保育園や幼稚園のお散歩コースや園庭、公園、小中学生の通学路などで、
大人基準の1m、子ども基準の50cm、地面からの影響を考慮した10cmの3点同時測定をしながら歩きます。
測定結果はGPS情報と共に自動で記録し、衛星写真等で提供します。
主に県北地域を対象に、先着50か所まで無料で測定します。
園やPTA、保護者グループの皆さんからのご応募をお待ちしています。

媒体としての、アートの役割

hosumi.jpg
講師:保住 将文さん(彫刻家 メキシコ合衆国チャパス州立芸術科学大学准教授)
日時:平成26年7月12日(土)13:30 ~ 16:00
場所:まちなか夢工房2階オアシス広場
参加費:500円(資料代、コーヒー付)

▷詳しくはこちら

ページの先頭へ

sapace labli.jpg

2010.9月HP用地元学ロゴ大.jpg

ページの先頭へ