NPO法人シャロームはひととひとを繋ぐボランティア・やさしさに会えるまちづくり



NPO法人シャローム事務局最新トピックです。


武士道のルーツを聖書に見る ー日本は聖書の国だったー

講師 :畠田 秀生さん 聖書と日本フォーラム会長
日時  2017年8月22日(火) 18:00 ~ 19:30
場所  まちなか夢工房2階
参加費 500円

<講演内容>
聖書と日本フォーラムの会長を務めながら牧師である畠田さんは、2016年7月に「武士道はキリストが起源だった」という本を出版されました。「武士道」と「聖書」との関連性について説かれた、非常に興味深い一冊です。
今回お話しいただくのも、「日本精神の武士道と聖書信仰」についてです。自己犠牲から生まれる神の国の新しいいのちについて、お集まり頂いた皆さんと分かち合いたいと思います。

講師プロフィール
畠田 秀生(はたけだ ひでお)さん 1940年生まれ。同志社大学西洋史専攻。1965年、大阪中ノ島公会堂にて開拓伝道を開始。
三重県伊勢志摩に「聖書と日本フォーラム」の事務所をおき、日本のルーツを探り、歴史、文化に埋もれた聖書の痕跡、つながりを会員、研究者で学び舎を開設、日本、世界へ情報発信している。日本人を知る上で重要な働きをしている。聖書日本キリスト教会牧師。

▷詳しくはこちら

高性能な放射線測定器Hot Spot Finder ホットスポットファインダーを導入しました。小さな子どもへの影響を考えた10cm、50cm、100cmの3点を同時に測定します。

歩きながら空間線量を記録し、地図や衛星写真に表示します。スタッフが同行して測定。測定データやプリントを提供しますので、子どもたちの無用な被ばくを避けるためにお役立て下さい。
お申し込みはこちら hotspotfinder_fukushima@yahoo.co.jp
お問い合わせは 070-5018-0448 吉野まで

NPO法人シャローム災害支援センターでは、子どもたちの身近な生活範囲での放射線測定を始めます。
保育園や幼稚園のお散歩コースや園庭、公園、小中学生の通学路などで、
大人基準の1m、子ども基準の50cm、地面からの影響を考慮した10cmの3点同時測定をしながら歩きます。
測定結果はGPS情報と共に自動で記録し、衛星写真等で提供します。
主に県北地域を対象に、先着50か所まで無料で測定します。
園やPTA、保護者グループの皆さんからのご応募をお待ちしています。

ページの先頭へ

ページの先頭へ