ひまわりプロジェクトとは

 ひまわりを通じた「絆」づくりをめざして―
 
 東日本大震災と原発事故以降、被災地の福島を元気づけようと、全国からたくさんのひまわりの種が福島へ送られました。私たちは、全国各地で花開いたひまわりから、人々の温かさと大地に生きる元気をもらったような気がします。
 私たちは全国の方々との絆を深めながら、今なお原状回復には至らない福島へのご支援をお願いするため、地域と地域を結ぶ「ひまわりプロジェクト」を提案し、協力者を募っております。

 災害を機にスタートした「ひまわりプロジェクト」は、ご協力いただいた全国各地での地域づくりや仲間づくりのきっかけにもなっているそうです。また、障がいを持つ方や高齢者、お子様方のリフレッシュ活動や学びにもつながっているとのこと。福島から広がった種が、全国各地域で色とりどりの笑顔を生み、また福島に帰ってくる、、、。この温かな連鎖が、災害の多い日本の毎日を元気づけてくれることを祈ってやみません。

プロジェクト始動までの経緯

 シャロームは、障がいを持つ方も、持たない方も、共に生きる温かなまちづくりを目指して長年活動してまいりました。その一環として、震災以前から行われていた活動の一つに、障がいを持つ若人と農家の方々が協力しながら農作物を栽培するというものがありました。耕作放棄地の有効利用や農家の担い手不足解消も視野に入れたこの取り組みには、ひまわりを栽培し、油を製品化するという六次化の試みも含まれていました。この活動を発展させ、やがては農業授産を取り入れた障がい者支援施設の立ち上げも計画されていました。
  しかし、まさにひまわり栽培を本格的に始めよう!という2011年の春、原発事故で状況は一変してしまいました。土壌汚染の明らかな土地でのひまわり油の生産や販売における困難さを前に断念せざるを得なくなってしまったのです。(2012年6月時点で、畑の土壌に含まれていた放射性物質は5000~8000ベクレル/kg、地上1メートルの空間線量は2.5~3μSv)
 こうした中、県外の支援者の方々との交流を通じ、「来年からは種を送ってください。私たちがひまわりを栽培し、ひまわり油の原料としての種を送り返しましょう」という温かい提案をいただきました。これを受け、私たちシャロームは、障がい者支援のための授産事業として、また、福島と全国の支援者の皆さんとの絆事業として「ひまわりプロジェクト」に取り組むことといたしました。こうして、シャロームから食用ひまわりの種をお送りし、全国の協力者さまの元で育てて頂く。実った種を福島に送り返していただき、ひまわりオイル「みんなの手」を製造・販売させて頂くというスキームが出来上がりました。

 2012年のプロジェクトでは計70件、2013年には124件、2014年度には204件以上の団体や個人の皆様にご参加いただいております。2018年度には313件(259団体、個人54)を数えるまでにネットワークが広がっています。
 ひまわり栽培を通して生まれた「思いやりのネットワーク」が、新たな災害時には福島から全国の被災地を支援するネットワークとして機能すること。そして、やがては全国の栽培協力者さま様同士がネットワークを築くことをめざし、2014年度より栽培協力者の皆さまとの絆を深めるための地域間交流事業にも力を入れております。2018年度には、のべ40名を越す福島の子どもたちが全国8都市を回り、「福島の今」を紹介するとともに「自分の体験」を語る『ひまわり大使ツアー』を行いました。ひまわりを栽培して下さっている地域を訪問することで福島のリアルが伝わり、子どもたちの声で教訓を伝えるというミッションは、県外の栽培ご協力者さまへの情報提供にとどまらず、参加した子どもたち自身を逞しく成長させるプロジェクトとして注目されるようになりました。

ひまわりプロジェクトの年間スケジュール

 毎年2月よりホームページなどで呼びかけ、全国各地の支援者さまを通じてプロジェクト参加者を募ります。お教え頂いた栽培面積などから必要な種の量を計算し、3~4月から参加者の皆さまにひまわりの種と栽培方法の手引書をお送りします。(種、発送料金ともに当法人負担)。各地で様々な方々にお声かけ頂きながらひまわりを栽培して頂き、夏から秋にかけて景観作物として楽しんで頂いた後、実った種を10~11月にシャロームにご送付頂きます。(こちらは参加者さまのご負担でお願いしております)

 こうして集まった種から薬品を使わない伝統的な圧搾絞りの技法で油を搾り、障がい者福祉施設の授産製品としてひまわり油「みんなの手」を製造・販売いたします。販売から得た収益は障害がい者の支援や福島の子どもたちの社会活動の資金、本事業継続のための活動資金として活用させていただきます。

 この事業が全国に広がり、福島と福島を応援して下さる方々の絆となっていくことを願っております。

  
  

NPO法人シャローム「ひまわりプロジェクト」実行委員会
〒960-8141 福島県福島市渡利字鳥谷下町67-1(ベーシック憩内)担当:野内
Tel:070-5474-4166 Fax:024-529-6902
Mail:info@nposhalom.net