NEWS


 
2022.11.21 【動画】生活クラブ サスティナブルフェスCLUB NEW
2022.11.21 【動画】2022土船ひまわりプロジェクト NEW
2022.11.06  ※終了しました ひまわり感謝祭2022&共に生きる仲間たちのコンサート開催!!
2021.11.01  ひまわりプロジェクト「みんなのギフトセット」販売中!
 

ーひまわりプロジェクト公式SNSー

Instagram @shalomhimawari

【締め切りました】2022年栽培協力者さま募集のお願い

寒冷の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。ご協力下さっております皆さま
には日頃より温かなご協力を頂戴し、厚く御礼申し上げます。
 
 新しい年が明けてもう2月も半ばになり、今年もひまわりの種をお送りする時期になり
ました。福島は原発事故から11年目を迎えます。先ごろは大きな余震も経験し、ご心配
をおかけ致しました。さらに去年からは地球規模でのコロナ感染症にさいなまれています。
人と人が分断され、人が人を信じられない事態となってしまっているようです。このよう
な時にこそ、支え合い、助け合うことが必要と思います。
ひまわりプロジェクトを通じ、多くの方々が全国各地で愛の花を咲かせて下さっている
ことに大きな感動を覚えます。今年も命輝いて生きていきたいものです。
 
 今年2022年度の栽培協力者さまを募集いたします。ご理解と
ご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
 

NPO法人シャローム 代表 大竹静子

ひまわりを通じた“絆”づくりをめざして

 東日本大震災と原発事故以降、被災地の福島を元気づけようと、全国からたくさんのひまわりの種が福島へ送られました。私たちは、全国各地で花開いたひまわりから、人々の温かさと大地に生きる元気をもらったような気がします。
 私たちは全国の方々との絆を深めながら、今なお原状回復には至らない福島へのご支援をお願いするため、地域と地域を結ぶ「ひまわりプロジェクト」を提案し、協力者を募っております。

 災害を機にスタートした「ひまわりプロジェクト」は、ご協力いただいた全国各地での地域づくりや仲間づくりのきっかけにもなっているそうです。また、障がいを持つ方や高齢者、お子様方のリフレッシュ活動や学びにもつながっているとのこと。福島から広がった種が、全国各地域で色とりどりの笑顔を生み、また福島に帰ってくる、、、。この温かな連鎖が、災害の多い日本の毎日を元気づけてくれることを祈ってやみません。

NPO法人シャロームについて

 シャロームは、障がいを持つ人も持たない人も共に生きる社会を目指して活動してきたボランティア団体VGシャロームを母体としています。障がい者施設の現場とそこで作られている授産製品の販売支援を数人で始めました。NPO法の成立を機に2001年9月に法人化し、現在に至っています。活動開始から30数年が経ち、障がい者を取りまく環境は当時とはだいぶ違ってきていることを感じます。そして2011年の東日本大震災と原発事故の発生。過酷な複合災害の中で私たちの活動も大きく変わってきています。いつの時代も今できることを、精一杯やり続けたことが現在の活動となっています。

 
NPO法人シャロームの活動
1.授産製品の展示販売支援
2.交流仲間づくり 「ひまわりプロジェクト」「ひまわり大使プロジェクト」
3.地域づくり 「地元学講座」
4.地域福祉に関る活動 「困難な状況にある方々への支援活動」
5.一般社団法人シャローム福祉会の活動サポート
  「まちなか夢工房」
  「ベーシック憩」
6.合同会社楽膳の活動サポート

ひまわりプロジェクト紹介ムービー
 
img20221121220137358644.jpg 生活クラブ サスティナブルフェスCLUB sunfropj2022image.png 2022 土船ひまわりプロジェクト―種まき〜収穫までの1年間の軌跡― maxresdefault_20210418020022656.jpg ひまわりプロジェクト紹介ムービー
NPO法人シャロームのチャンネル登録はこちら
「ひまわりプロジェクト」がグッドデザイン賞を受賞しました!
 
(シャロームのサイトを離れます)

NPO法人シャローム「ひまわりプロジェクト」実行委員会
〒960-8141 福島県福島市渡利字鳥谷下町67-1(ベーシック憩内)担当:野内
Tel:070-5474-4166 Fax:024-529-6902
Mail:info@nposhalom.net

 
 
 
 

 公式Twitter・Facebook