NPO法人シャロームはひととひとを繋ぐボランティア・やさしさに会えるまちづくり

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

NPO法人シャローム「ひまわりプロジェクト2018」
栽培協力者募集のご案内



 今年でシャロームが主催する「ひまわりプロジェクト」も7年目を迎えます。2011年3月11日の震災と原発事故により、地元でのひまわり栽培を断念しました。そこで全国の福島を支援する皆様からひまわりの栽培協力者を募り、福島から食用ひまわりの種を送り全国各地でひまわりを栽培していただく「ひまわりプロジェクト」が始まりました。
 福島から送られた種は全国で花を咲かせ、そこから採れた種は福島へ返送されます。そして、ひまわり油「みんなの手」として製品化され、再びみなさんの手元に返ってきます。この過程を通して、福島では障がい者施設への仕事を提供し、その収益は福島県内のひまわりこども大使派遣事業や長期化する支援活動のための自主財源となっていきます。また、全国に広がる支援の輪は、地域を超えて多くの人たちを繋ぎ、交流を深めていきます。栽培の現地からは、景観作物として地域づくりに貢献し、「親子で植えたひまわりのおかげで、親子の会話は豊かになった。」「住民同士の協力の輪が広がった。」等の便りも届けられます。

 つきましては、今年の栽培協力者を募集いたします。皆様からお寄せいただいた鳥害等のご報告をもとに、より内容充実した栽培技術マニュアルを栽培アドバイザーと共に作成しており、種とともに【油糧用のヒマワリ「春りん蔵」の育て方】を送付させて頂きます。ご協力下さる方は「協力者入力フォーム」よりご入力いただき、送信して頂ければ幸いです。